読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人(家族単位)顧問契約について

当事務所では、法人はもちろんですが、個人(家族単位)の弁護士顧問契約の締結を推奨しております。事務所HPでは東京と札幌に離れて暮らす家族・親族の例を挙げて、東京・札幌どちらでも法律相談が受けられる等のメリットを説明していますが、個人顧問契約において最も大きいのは、やはり信頼関係をすでに築いている弁護士にいつでも回数無制限で法律相談ができるという点に尽きると思います。

札幌でなくてもどこでも良いですが、地方に住むご両親が、東京で1人暮らしをしているお子さんが何らかのトラブルに巻き込まれてしまったので弁護士に相談したいという場合、そのご両親は誰に相談すれば良いのでしょうか。地元で知っている弁護士に相談しても東京に住むお子さん本人から話を聞くのは難しいですし、インターネットなどで東京の弁護士を探しても、実際にその弁護士に会うのはお子さんですから、頼んだご両親自身とその弁護士の間に信頼関係があるわけではありません。ご両親としては、知らない弁護士に頼むとなると弁護士費用のことなどでも心配が生じるかもしれません。これに対し、個人顧問契約を締結する場合には最初にご両親、お子さんとお会いして、日常生活や生活環境などについてお話をお聞きするなどして一定程度信頼関係を築いてから契約を締結します。つまり、ご両親は、自身の目で見て信頼ができると感じた弁護士にお子さんを任せることができます。そうすると、この事例では、ご両親は安心してお子さんを顧問弁護士のところに相談に行かせることができますし、ご両親自身も、スムーズに弁護士から紛争の状況等につき説明を受けることができ不安が解消されます。弁護士費用についても、毎月定額の顧問料を支払っているのですから安心です。

このところ、個人顧問契約のお問い合わせが多くなってきておりますが、このような個人(家族単位)顧問契約のメリットをご理解いただけているご依頼者が増えてきているのだと思います。春になると、受験や就職でお子さんが東京に引っ越されるご家庭は多いかと思いますが、賃貸物件のご契約などでご両親も一緒に東京に来られる機会がありましたら、ぜひ一度当事務所にお立寄りいただき、個人(家族単位)顧問契約についてお問い合わせ、ご相談いただければ幸いです。

 

city-lawoffice.com