読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AD時代のこと⑧

ADやディレクターが大体1度はやるミスに、「みきれ」があります。スタッフだから本来映っちゃいけないのにカメラ位置を把握していなかったり逃げ遅れたりして映ってしまうやつです。私も1度だけやりました。

その日の仕事は後楽園ホールのボクシング中継で、私は赤コーナー付近にいて、選手にカメラ位置を教えたり、入場のタイミングを伝えたり、試合前後の選手の様子を見る(必要ならアナウンサーに来てもらってインタビューの指示をする)という仕事が与えられていました。ボクシングは選手とファンとスタッフの距離が色々な意味ですごく近いんです。試合直前の選手にスタッフが気軽に話しかけたりできますし、あるときは選手の私設応援団みたいなのが来て「入場曲作ってMDに入れてきたんで今日はこれかけてください!」と言われたり(この時は実際に音楽担当に頼んでかけてもらいました)。こういうところはサッカーや野球のような超人気スポーツにはない面白さかもしれません。

みきれてしまったのは、ある試合の選手入場シーンの直前でした。インカムマイクでディレクターの指示を受け、赤コーナーのK選手に入場のゴーサインを出したのですが、Kは私の声に全然反応せず、カメラに背を向け、下を向いたままでした。私はKに何度も「入って入って」と言いましたが微動だにしません。インカムマイクからディレクターが「どうした?早く入れろ!」と言ってきます。そこで、私は歓声で指示が聞こえていないのかもとKに近づいていきました。するとその瞬間、Kは自分の胸に手をあて、くるっと振り返って入場を開始しました。私がみきれてしまったのは、Kが振り返ったその瞬間でした。慌てて逃げましたが、時すでに遅し…(どうやらそういう時は慌てずしゃがむのが正解だそうです)。

Kはなぜカメラに背を向け下を向き、私の指示を聞かなかったのでしょうか?実は、Kは入場前にちょっとタメてかっこつけていたんです。辰吉や亀田ならともかく、その日のメインの試合でもなくK自身も決して有名じゃないのにそんなことされても分かりませんよ!おかげでこちらはディレクターに怒られてしまいました。で、その後、Kは試合で判定負け。その時の私のリアクションについては言うまでもありません。

 

city-lawoffice.com