FPとのコラボによる相続セミナー開催

昨日、ファイナンシャルプランナー(FP)の方と組んで、所属している中小企業家同友会で相続セミナーを開催させていただきました。私は相続人の相続割合に関する民法の定めや遺言の方法を簡単に説明し、過去に扱った遺産分割や遺言書をめぐるトラブルの中から特徴的なものを紹介しました。

FPの方からは、相続税に関する基本的な説明、生命保険の活用による相続税対策、相続人間の相続財産の調整などについて紹介していただきました。生命保険金の場合相続財産の非課税枠があること、通常の相続財産と異なり受取人を指定できることのメリット、相続財産の預貯金と異なり被相続人死亡後に口座を凍結されないというメリット、支払事由の発生していない生命保険の場合の評価額は保険金全額ではなく解約返戻金の額となることなど、弁護士の相続セミナーでは通常見られない切り口、内容をプロの視点から紹介してもらい、大変有益でした。セミナー自体もそうですが、終了後の質問タイムでも、私かFPのどちらかの守備範囲であれば答えてくれるはずと思っていただいたのか、相当な数のご質問をいただきました。こういったセミナーでは、終了後の質問の盛り上がり≒セミナー自体の満足度かなと私は考えていますので、今回はFPとのコラボという企画が上手くいったのではないかと思っています。

今回一緒に組んだFPの方は、当事務所と同じ渋谷区代々木に事務所を置いており、今後も2人で組んで渋谷区や新宿を中心に少人数の相続セミナー、相談会を開催していくつもりでいます。具体的な予定が決まりましたらこのブログや事務所HPで詳細をお知らせしますので是非お越しいただければと思います。

 

city-lawoffice.com