神奈川労務安全衛生協会講演

今日は神奈川労務安全衛生協会平塚支部にて労務管理に関する講習会を行ってきました。平塚支部にはこの3年間で5回もの講演機会をいただいており感謝しかありません。

今日は最近よく問題になる問題社員の事例とその対策について話しました。例を挙げると、勤務時間中にスマートフォンを使ってSNSやオンラインゲームをしてサボる社員対策などです。

勤務時間中にスマートフォンを使うなというのは一見簡単かもしれませんが、営業職の従業員などはスマートフォンを持たない訳にはいかないでしょう。仮に業務用にスマートフォンやPCを支給していたとしても、営業で長い時間会社を空けている場合等は私物のスマートフォンも持ち歩くでしょうから使用を完全に禁止するのは不可能です。また、禁止するといっても、家族からの大事な連絡、子供を預けている保育園からの連絡等まで制限してしまうのはやり過ぎです。このように、サボりを禁止するルールを作るのも意外に難しいです。制約しすぎると、信用されていないのではないかと感じ、従業員の仕事に対するモチベーションにも影響しかねません。

また、それ以上に難しいのはルール違反があったどうかをチェックすることです。勤務時間中にSNSに写真をアップするなど分かりやすいものであれば良いのですが、そうでない場合には実際にスマートフォンをチェックする必要があります。私物のスマートフォンを見るのはプライバシー等の問題で簡単にはできませんし、会社支給のスマートフォンでも履歴を消去されれば簡単にはサボりは発覚しません。サボりをチェックするために会社が割くことができる労力や人件費にも限界があります。

講習では、このようなサボりチェックの難しさや限界に着目し、その会社の規模や業種などに応じて適したサボりを制約するルール作り、作ったルールをどうやってチェックするか、実効性のあるものにしていくか等につき解説していきました。

この他には会社の許可なくダラダラと残業を続ける問題社員など、まだ本などではそれほど扱われていないタイプの問題社員対策につき話しました。研究や対策が十分とは言えない領域の問題を扱いましたので、自分にとっても良い勉強、整理の機会になったと感じています。

こういった問題社員対策の講演のご依頼、また会社経営者の方からのご相談はいつでも受け付けておりますのでお気軽にご連絡いただければと思います。

 

www.city-lawoffice.com

 

AD時代のこと⑨

私が日テレで働いていたころはちょうど麹町から汐留に移転する時期であり、麹町での仕事と汐留での仕事が半々くらいでした。

新しいビルで仕事ができるという意味では汐留は非常に良かったのですが、AD的には麹町の方が移転に伴いちょっと空きスペースになっていた場所が多く、寝床に使える場所が多くて好きでした(汐留はビルも廊下も机も椅子も何もかも綺麗過ぎて所構わず寝るのがためらわれたので)。

それと食事の面でも麹町の方が昔からその番組でよく利用する店というのがあり、印象に残っています。その1つが麹町駅を出てすぐの場所にあるラ・タベルナというイタリアンです。当時のスポーツ部ではADや学生アルバイトがディレクターらの分を注文して出来上がると取りに行っていました。スポーツ部で一番人気があったのが「薄切り」と呼ばれるステーキとバターライスとパスタが1つの皿に盛りつけられたセットでした。

先日、仕事の関係で麹町を通ることがあったので懐かしくなり、約15年ぶりに寄ってみたのですが、「薄切り」はまだありました。こちらです。

f:id:TKOkun:20171005150001j:plain

「薄切り」といっても2枚合わせて1人前より絶対に多いステーキと、それぞれ1.5人前くらいあるバターライスとパスタの組み合わせです。これが一番人気とはさすがスポーツ部です。味は昔のままで、こちらも当時を思い出して思い切り掻き込みました。汐留で働くいまの若いAD達にもぜひ教えてあげたい味です。

もう1つ懐かしかったのは、マスターが15年前と変わっていなかったことです。年をとっているのかな?と思うほど昔と変わっていませんでした。懐かしさのあまり「結構昔からやられていますか?」と声を掛けると、「はい、もう長くやっていますよ。以前よくいらっしゃっていましたよね?声を掛けてよいものか分からず黙っていたのですが。」と、なんと私のことを覚えて下さっていました。当時は注文したものを取りにいっていただけなので特段の会話をしたことはなかったので、まさか覚えていただいているとは思わず、とても嬉しかったです。味だけでなく、こういうところがお店が長く続く秘訣なのかもしれません。

新しくなった当事務所にはグルメな大食漢が揃っていますので、今度は事務所の皆を連れて再訪したいと思います。

www.city-lawoffice.com

 

高円寺パル商店街無料法律相談会

8月は阿波踊り大会のためお休みしていましたが今月から高円寺パル商店街無料法律相談会を再開し、今日が相談会の日でした。

法律相談会ではあらゆる法律相談を受け付けていますが、最近多いのは離婚・相続に関するものです。特に、いま具体的な問題が起きている訳ではないけれども将来に備えておきたいというご相談が多いです(ちょうど前回の記事でご紹介したようなものです。)。こういったご相談はお金をかけて相談しようとはなかなか思わないでしょうから、無料法律相談会ならではだと思いますし、使い方として正しいと思います。

また、将来に備えるのはもちろんですが、そもそも離婚や相続の時に何が問題になるのか、どうやって争いに発展するのかイメージがつきにくいという方も多いのではないかと思います。特に相続の場合には長年の蓄積があるので、いつの何がきっかけになるのかが分からず、意外なところから紛争化したりします。そういったご相談でも歓迎ですのでお気軽にご相談にお越し下さい。お待ちしております。

 

www.city-lawoffice.com

事務所移転しました

前回の記事のとおり、事務所を移転し先週から新しい事務所で執務をしております。すでに事務所HPの住所、地図が更新されておりますのでご確認下さい。

前事務所と比べ駅からの順路はだいぶ分かりやすくなったと思うのですが、それでもまだ分かりにくいというお話も耳にしますので簡単に道案内をしておきたいと思います。

 

JR新宿駅からのアクセス

 

新宿駅南口改札または新南口改札から出て下さい。バスタやニューマンがある方面です。

f:id:TKOkun:20170905170138j:plain

大きな通り(甲州街道)がありますので、西(ファーストキッチンが見える方向)に進んで下さい。

f:id:TKOkun:20170905170057j:plain

甲州街道をどんどん西に進んでいただき、右手に見えるヤマダ電機を越えて下さい。

f:id:TKOkun:20170905170824j:plain

東京海上ビルと京王新線新宿駅入り口のところで左折します。左折するとスターバックスがあります。

f:id:TKOkun:20170905170840j:plain

f:id:TKOkun:20170905170901j:plain

スターバックスの隣に交番があるので、交番の左の細い道に入って下さい。

f:id:TKOkun:20170905170950j:plain

風雲児、荒海という新宿南口を代表する2軒のラーメン屋を過ぎてから左に曲がるとミニストップがあります。

f:id:TKOkun:20170905171042j:plain

ミニストップを越えると「SUZUKI」の文字が見えてきます。このビルが当事務所のある鈴木ビル代々木です。JR新宿駅からだと徒歩8分くらいです。

f:id:TKOkun:20170905171120j:plain

f:id:TKOkun:20170905171205j:plain

事務所はビルの2階になります。お待ちしております。

 

www.city-lawoffice.com

 

 

 

 

東京オフィス移転へ

現在の代々木2丁目に事務所を開設してから2年半ちょっとになりますが、ちょっと手狭になってきましたので事務所を移転することにしました。

場所は今の事務所から徒歩2、3分のところなので依頼者の方々のアクセスはこれまでとほとんど変わりません。折角新宿南口に根付いてきたところだったので同じエリアでの移転を考えていたところ、良い物件が見つかりました(新事務所は渋谷区代々木3丁目18-1鈴木ビル2階になります)。改めてこのブログでも事務所HPでもアナウンスしますが、新事務所に移転するのは8月28日(月)からで、8月25日(金)までは今の場所で営業いたします。

当事務所は移転後に弁護士が1人入所する予定であり、現事務所に同居している行政書士の方も法人化し人員を増員する予定です。人員が増えることで、これまで以上に私自身が事務所を出て様々な現場に直接、迅速に足を運ぶことができますので、今後はさらに、「何でもフットワーク軽く」という弁護士としてのサービス理念を体現できるようになると思っています。ご期待下さい。

 

www.city-lawoffice.com

学校における法律トラブルQ&A④

Q 高校1年生の息子が学校(野球部内)でいじめを受けているようなのですが、学校に報告しても対応してくれません。どうすれば良いでしょうか?

 

A まず、いじめというのは通常学校(教師)に隠れて行われるため、学校側は基本的に何も事実を把握していません。次に、学校は建前上、決めつけをせずに、どの生徒に対しても平等な対応をしなければなりません。いじめの問題を考える上では、私はこの2点を念頭に置くことが非常に重要であると考えており、学校へのアプローチ方法は、この2点を前提にして進めていかなければなりません。

そうすると、まずいじめがあったというには、学校側にいじめの現場を押さえさせるか、いじめの証拠となるものを提示しなければなりません。これらを提示せずに報告しても、いじめであるとはまず認定してもらえず(学校側はいじめた側も平等に考えなければならないため)、認定してもらえないためにこちらも学校への信用を失い、学校側との関係が悪くなってしまうというケースが多いです。

証拠を押さえるというのは少し難しいようにも思われますが、昔のいじめと違い、今のいじめは、LINEを中心としたスマートフォンがその中心的な手段となっています。例えば、生徒同士のグループLINE上で、笑いものにされたり、無視されたり、恥ずかしい動画をアップされたり、ひどいものだとコラージュ写真を作って載せられたりします。これらの書き込み、投稿を消される前に保存しておくことが極めて重要になります。そういった客観性の高い証拠を伴い、学校側に報告することで、学校側は初めていじめの事実を疑います。

本ケースであれば、野球部に当該生徒を仲間はずれにした形(LINE外し)のグループLINEが存在する可能性が高いため、いじめに敏感な学校であれば、他の野球部員のスマートフォンをチェックする可能性もあります。そこまで行けば、ほぼいじめの事実を認めてもらえるでしょう(上記のような決定的なものでなくとも、LINEは中高生の生活に完全に入り込んでいますので、野球部やクラスの誰かしらは、そういった内容を含むLINEの書き込みを持っているはずです。)。

証拠を集めて提示しても、冗談でやっているだけだとして、いじめであると認定されない場合もありますが、学校側は少なくともいじめたとされる生徒、野球部員、同級生に事情聴取をするなどして対応しなければなりません。公立の学校であれば、教育委員会との関係で、教委を納得させるだけの説明(いじめではないことの説明)もしなければならず、かなりのプレッシャーにはなるので門前払いのような対応を受けることはありません。

このように、いじめの問題においては、学校側はいじめの存在を何も知らないこと、被害者・加害者とされる生徒を平等にみるので被害者の申告のみを鵜呑みにはしないということを十分に認識した上で、学校を動かすような証拠を集め、的確な説明・報告を行うことが解決への第一歩となります。

www.city-lawoffice.com

南新宿夏フェスタ

南新宿商店会では、毎年この時期に葵通りバザールというお祭りを開催してきましたが、今年から名称を「南新宿フェスタ」に改め、7月20日(木)21(金)の17:00~開催します。

葵公園内の特設ステージではこどもミュージカル、大学生によるアカペラ、ゆるキャラショーなど例年にも増してイベントが盛りだくさんです。例年天候が心配されるのですが、今年は晴れそうなので例年以上にイベントが賑わいそうです。また、フェスタで使える金券チケットを購入すると福引券がついてくるのですが、福引の商品がバルミューダトースター、高級ホテルの宿泊券、食事券などとても豪華です(しかも当たりが結構多い)ので、何名かでお立ち寄りの場合には、現金ではなく1000円綴りの金券チケットをお求めいただいた方がお得です。

私も福引会場などにおりますので、地元にお住まいの方々、近くにお勤めの方々やすぐ隣の文化学園の学生の方々など、皆様のご来場をお待ちしております!

www.facebook.com